« そろそろカメムシの季節か? | トップページ | CICADA Vol. 18 No. 4 »

2006年10月27日 (金)

ヤママユの抜け殻

 今朝、いつものようにトラップの調査をしていたら、トラップを設置した場所のすぐ近くにあるクヌギ Quercus acutissima Carruth. にヤママユ Antheraea yamamai (Guérin-Méneville, 1861) の繭が2個あるのに気が付いた。週に3回は通っている場所なのに、今まで気が付かなかったのは、クヌギの葉がまだ緑色をしていたせいかも知れない。ここ数日で、クヌギの葉もだいぶ黄色くなってきたような気がする。
 もうヤママユの成虫の時期はとうに過ぎているので、もう抜け殻になっていると思ったが、やはり思ったとおりだった。繭の上部にはヤママユが羽化したときの大きな穴が開いている。こんなに身近にヤママユが見られるなら、来年は羽化したばかりのヤママユを見てみたいものだ。
 今日はさらに風が弱まり、日中日向にいると暑さを感じるぐらいだった。職場の建物の外壁を見ると、今日はクサギカメムシ Halyomorpha picus (Fabricius, 1794) が3匹に増えていた。これからが楽しみだ。

|

« そろそろカメムシの季節か? | トップページ | CICADA Vol. 18 No. 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12451100

この記事へのトラックバック一覧です: ヤママユの抜け殻:

« そろそろカメムシの季節か? | トップページ | CICADA Vol. 18 No. 4 »