« 芝刈りのあと出て来た虫 | トップページ | 気温の日較差 »

2006年10月29日 (日)

クズにつく虫

20061029blog1  雨は朝のうちに既に上がっており、天気は徐々に回復した。今日は午後から近所を散策した。もう本格的な秋になり、植物の葉も秋の色になっている。クズ Pueraria lobata (Willd.) Ohwi も蔓を伸ばしきって、硬い葉ばかりになっている。クズによく見られる虫はいろいろあるが、マルカメムシ Megacopta punctatissima (Montandon, 1894) もそのひとつだ。我が家のすぐ裏にもクズの蔓が繁茂している場所があるが、ここでは見つけることはできなかった。もうそろそろ越冬に入りはじめる季節だろうから、少なくなって見つけることができなかったのだろう。近所の墓地に繁茂するクズでは、何とか見つけることができた。
20061029blog2  墓地のクズではツチイナゴ Patanga japonica (Bolívar, 1898) も見つかった。ツチイナゴはまだ羽化してからそれほど日数が経過していないように見えた。ツチイナゴは成虫で越冬するので、羽化したばかりだとしても不思議ではない。石垣島に住んでいたときはタイワンツチイナゴ Patanga succincta (Johansson, 1763) をイネ科の植物でよく見ていたので、ツチイナゴもイネ科を好むのかと思っていたが、帰宅してから図鑑で調べてみると、クズを好むということが書かれていた。ツチイナゴもクズにつく虫だということは今日まで知らなかった。

|

« 芝刈りのあと出て来た虫 | トップページ | 気温の日較差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12476775

この記事へのトラックバック一覧です: クズにつく虫:

« 芝刈りのあと出て来た虫 | トップページ | 気温の日較差 »