« オオカマキリに関する謎(1) | トップページ | クスサン »

2006年10月 3日 (火)

アオマツムシ

 夕方になるとアオマツムシ Truljalia hibinonis (Matsumura, 1917) の鳴き声が相変わらず騒々しい。ちょっとした木がある場所ならどこにでもいる感じだ。もちろん、我が家の近くでもたくさん鳴いている。よく耳を澄ませば、ツヅレサセコオロギ Velarifictorua micado (Saussure, 1877) やマツムシ Xenogryllus marmoratus (de Haanm 1844) の鳴き声も聞こえるのだが、アオマツムシの鳴き声に完全にかき消されてしまっている。
 ところが、夜も更けて22時を過ぎる頃になると、アオマツムシの鳴き声がどことなく弱まり、22時30分ぐらいになると、他の虫の鳴き声がはっきりとわかるようになる。時刻によって、鳴く虫の種類が変わってくるのだ。
 しかし悲しいかな、秋に鳴く虫の種類が多すぎて、自分の耳が識別できる能力を大幅に越えている。それを聞き分けられれば、面白いことがたくさん分かってきそうなのだが。

|

« オオカマキリに関する謎(1) | トップページ | クスサン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12137974

この記事へのトラックバック一覧です: アオマツムシ:

« オオカマキリに関する謎(1) | トップページ | クスサン »