« ヒヨドリバナ属 | トップページ | チチコグサ »

2006年9月29日 (金)

風が止んで

20060929blog  昨日までの風が止んだので、今日もまた職場のヒヨドリバナ属 Eupatorium の一種が生えている場所に行ってみたが、やはりアサギマダラ Parantica sita niphonica (Moore, 1883) は見られず、蝶はツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius hyperbius (Linnaeus, 1763) の♂が1頭見られただけだった。しかし、今日は昨日までとは違って、ハチやハエの仲間の個体数が明らかに多く感じられた。特に目立ったのはオオハナアブ Phytomia zonata (Fabricius, 1787) だ。昨日まではほとんど目につかなかったので、ハナアブ類も風に影響を受け易いのかも知れない。
 ツクツクボウシ Meimuna opalifera (Walker, 1850) の鳴き声は昨日よりたくさん聞こえた。これも風が止んだせいかも知れない。

|

« ヒヨドリバナ属 | トップページ | チチコグサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/12086194

この記事へのトラックバック一覧です: 風が止んで:

« ヒヨドリバナ属 | トップページ | チチコグサ »