« カヤキリ | トップページ | セミヤドリガ »

2006年8月 4日 (金)

オオキベリアオゴミムシ

 ケースの中で飼っていたオオキベリアオゴミムシ Epomis nigricans (Wiedemann, 1821) が知らないうちに産卵して、それから幼虫が孵っていた。アオゴミムシ類は卵を泥壷の中に産むので、ついつい見落としてしまうのだ。
 今年は例年になくニホンアマガエル Hyla japonica Günther, 1859 の個体数が少ないのだが、何とか見つけて孵化していたオオキベリアオゴミムシの幼虫に与えた。幼虫は早速ニホンアマガエルに食いついていた。幼虫は大きくなると食べる量が増えるので、蛹になるまで飼育できるかどうかが心配だ。

|

« カヤキリ | トップページ | セミヤドリガ »

コメント

Hello,
I am insect-lover from Taiwan. Would you tell me about the season and location (which county?) of catching E. nigricans?
I collected an adult in southern Taiwan on April 2007 so want to understand more information about them, thanks.

投稿: Ian | 2007年12月24日 (月) 17時21分

Hello, Ian.
Thank you for the comment from Taiwan. For seven years until 2004, I lived in Ishigaki-jima Island, that is only 250 km apart from Taiwan. But I have never been to Taiwan. If I have a chance, I would like to visit taiwan for insect watching. I have a great interest in Dysdercus bugs (Pyrrhocoridae, Heteroptera).
I observed Epomis nigricans from May to September in a tiny woodland near paddy fields in Mie prefecture, central Japan (ca. 35 degree N.). They were collected by simple pitfall traps, using no attractants. I guees that they overwinter as adlut and reproduce during summer season (June to August), and the new-generation adults appear in late summer (August to September).
In southern Taiwan, I guess that they reproduce all year round. The prey of E. nigricans larvae is frogs. Therefore, you can easily observe it when young frogs are abundant. In Japan, Hyla japonica is the principal prey species. Please notice the seasonal trends of frog populations.

投稿: Ohrwurm | 2007年12月24日 (月) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11268118

この記事へのトラックバック一覧です: オオキベリアオゴミムシ:

« カヤキリ | トップページ | セミヤドリガ »