« セミヤドリガ | トップページ | シマトネリコの樹皮をかじるカブトムシ »

2006年8月 6日 (日)

シロテンハナムグリ

 今日も暑かったが、午後一番暑い時間帯にいつものクヌギ Quercus acutissima Carruth の樹液に出かけた。ちょっと前なら、昼間はカナブン Rhomborrhina japonica Hope, 1841 がたくさん見られる状態だったが、今日はカナブンは全く見られず、カナブンのかわりにシロテンハナムグリ Protaelia orientalis submarumorea (Burmeister, 1842) がたくさん見られた。カナブンとシロテンハナムグリは系統的にそれほど離れているわけではないので、季節的に棲み分けているのかも知れない。
20060806blog

|

« セミヤドリガ | トップページ | シマトネリコの樹皮をかじるカブトムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11304381

この記事へのトラックバック一覧です: シロテンハナムグリ:

« セミヤドリガ | トップページ | シマトネリコの樹皮をかじるカブトムシ »