« クヌギの樹液の賑わい | トップページ | オオキベリアオゴミムシ »

2006年8月 3日 (木)

カヤキリ

 今日は昨日よりさらに気温が上がり、本格的な暑さが戻ってきた。そして、相も変わらずいつものクヌギ Quercus acutissima Carruth に出かけた。今日は、昨日にも増して多数のカブトムシ Allomyrina dichotoma Linnaeus, 1771 がみられた。セミの幼虫も観察したが、今日も見つかったのはアブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata  (Motschulsky, 1866) ばかりだった。
 草がかなり刈られてしまったが、刈り残されているススキ Miscanthus sinensis Anderss  にはカヤキリ Pseudorhynchus japonicus Shiraki, 1930 がいて盛んに鳴いている。けっこう耳につく音色だ。
20060803blog
 

|

« クヌギの樹液の賑わい | トップページ | オオキベリアオゴミムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11247666

この記事へのトラックバック一覧です: カヤキリ:

« クヌギの樹液の賑わい | トップページ | オオキベリアオゴミムシ »