« 台風10号 | トップページ | 歩いて動くセミヤドリガの繭? »

2006年8月19日 (土)

コムラサキ

 今日も東寄りの風がやや強く、湿気が高い日だった。まだ台風10号の影響が残っているらしい。今日は一時雨も降ったが、夕方には上がった。
 夕方、散歩がてら、新聞の折り込み広告の建て売り分譲住宅を見に行った。我が家よりさらに街の中心に近い場所だが、その割には値段が安い。
 目の前は安濃川の堤防だ。堤防の向こう側には種名まではわからないがヤナギの仲間が生えている。一緒に行った息子が何かを見つけたので、帰る前にヤナギの木のところに行った。するとそこにいたのはコムラサキ Apatura metis substituta Butler, 1873 だった。よく見ると1頭や2頭ではない。たくさんいるのだ。コムラサキは普段目にすることがなかったので、近所にたくさんいる場所があることを知ったのは意外だった。たまには普段歩かない場所を歩くのも良いことだ。

|

« 台風10号 | トップページ | 歩いて動くセミヤドリガの繭? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11513133

この記事へのトラックバック一覧です: コムラサキ:

« 台風10号 | トップページ | 歩いて動くセミヤドリガの繭? »