« ウヅキコモリグモ | トップページ | 甲子園球場にて »

2006年8月12日 (土)

トスカ

 三重県文化会館からハンガリー国立歌劇場の引越公演の案内が届いた。一昨年はヴェルディのリゴレット、去年はヴェルディのオテロだったが、今年はプッチーニのトスカだ。イタリアオペラではどちらかと言えばヴェルディよりプッチーニの方が好きなので、他の大事な用事が入らなければ観に行くことになると思う。トスカはもうかなり前のことだが、1984年に旧西ドイツのハンブルクで国際昆虫学会議があったときに、ハンブルク国立歌劇場でナマで観たことがあるので、欲を言えば他のものを観たかった。プッチーニならボエームを観てみたい。
 今度の公演の演出はヴィクトル・ナジ、指揮はゲルゲイ・ケッシェヤーク、キャストはトスカがエスター・シュメギ、カヴァラドッシがアッティラ・フェケテ、スカルピアがベーラ・ペレンツということだ。最近はあまり熱心に音楽を聴いていないので、これらがどんな人なのかよくわからない。ともあれ、歌劇をナマで観られる機会はそれほど多くはないので、楽しみにしておきたい。

|

« ウヅキコモリグモ | トップページ | 甲子園球場にて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トスカ:

« ウヅキコモリグモ | トップページ | 甲子園球場にて »