« 涼しい | トップページ | カヤキリ »

2006年8月 2日 (水)

クヌギの樹液の賑わい

 今日は昨日よりは気温が上がったが、まだ本格的な暑さではない。いつものクヌギ Quercus acutissima Carruth が気になって、今日もまた日が暮れてから、一番下の息子と一緒に近所のいつものクヌギの樹液に出かけた。
20060802blog_1  クヌギところに着いた途端、大きな羽音が聞こえて来た。樹液が出ている場所を見ると、一目では数えられないほどたくさんのカブトムシ Allomyrina dichotoma Linnaeus, 1771 が来ていた。真面目に数えてみると、約20頭いた。これほどたくさんのカブトムシをここで見たのは初めてだ。おそらく今が最盛期ということなのだろう。
20060802blog_2_1  ちょっと場所を移すとセミの幼虫がたくさんいた。ほとんどがアブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata  (Motschulsky, 1866) のようだ。見つけた幼虫は家に持ち帰り、羽化を観察することにした。

|

« 涼しい | トップページ | カヤキリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11225356

この記事へのトラックバック一覧です: クヌギの樹液の賑わい:

« 涼しい | トップページ | カヤキリ »