« オオキベリアオゴミムシ | トップページ | シロテンハナムグリ »

2006年8月 5日 (土)

セミヤドリガ

 今日は休日なので、一番下の息子と一緒に職場に出かけた。職場は山の麓にあるので、昆虫が豊富なのだ。息子が一番好きなのはセミだ。
 職場の周辺には今、ニイニイゼミ Platypleura kaempferi (Fabricius, 1794)、アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata  (Motschulksy, 1866) 、クマゼミ Cryptotympana facialis  (Walker,1858)、ヒグラシ Tanna japonensis  (Distant,1892) の4種が鳴いている。
 息子がヒグラシを捕まえて持って来た。それにはセミヤドリガ Epipomponia nawai (Dyar, 1904) の幼虫が寄生していた。ヒグラシが鳴き始めた頃には見つからなかったが、そろそろ寄生率が上がって来たのだろう。
20060805blog

|

« オオキベリアオゴミムシ | トップページ | シロテンハナムグリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11282446

この記事へのトラックバック一覧です: セミヤドリガ:

« オオキベリアオゴミムシ | トップページ | シロテンハナムグリ »