« 甲子園球場にて | トップページ | クマゼミが鳴く時間 »

2006年8月14日 (月)

学会のプログラム届く

 9月16日から鹿児島大学で開催される日本昆虫学会第66回大会のプログラムが届いた。大会は3日間だが、その初日に発表の時間があたった。懇親会の前に発表が済むので、たいへん気が楽だ。
 今まではすべて生態や生活史のセクションで発表していたが、今回は初めて系統・進化のセクションで発表する。おそらく、今まで聴きにきてくれた人とは違った人が来てくれるのではないかと思うので、ちょっと楽しみだ。
 小集会は2日目と3日目の夕方だ。2日目は地表性甲虫談話会と昆虫の季節適応談話会が重なってしまった。はしごをして聴きたいところだけ聴く、ということになるかも知れない。3日目は半翅類学会に出るつもりだが、南西諸島の生物地理をテーマにした鞘翅学会も気になる。いつも思うことだが、小集会の時間をもっととって、聴きたいのが重ならないようになって欲しいものだ。
 宿泊は鹿児島中央駅に近いビジネスホテルをインターネットで予約した。異様に安い値段だったので、ちょっと心配だ。去年の岡山での大会のときの宿泊も安いビジネスホテルだったが、特に不満はなかったので、今度もおそらく大丈夫だろう。今回は九州新幹線ができてから初めての鹿児島なので、新幹線を利用して行きたいが、飛行機を使え、などと言われるかも知れない。飛行機が特に嫌いなわけではないが、自分の中のテツ分が新幹線を使いたいと言っているのだ。

|

« 甲子園球場にて | トップページ | クマゼミが鳴く時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11434197

この記事へのトラックバック一覧です: 学会のプログラム届く:

« 甲子園球場にて | トップページ | クマゼミが鳴く時間 »