« コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ | トップページ | ニイニイゼミの羽化 »

2006年7月26日 (水)

先客

 夕方、デジタルカメラを片手にいつもの樹液が出ているクヌギ Quercus acutissima Carruth の木に行った。ところが何と、今日は先客がいた。ドライバーを片手にカブトムシ Allomyrina dichotoma Linnaeus, 1771 を採っている。樹皮に鋸か何かで削ったようなあとがついているので、誰かがここに来ているのはわかっていたが、ついに出くわしてしまった。こちらとしては、自分の縄張りを侵されたような気がしたが、とにかく先客に断って写真だけは撮らせてもらった。
 なかなか立派なカブトムシだ。本来なら、カナブン Rhomborrhina japonica Hope, 1841 やオオスズメバチ Vespa mandarinia japonica Radoszkowski, 1857 などとの間の餌場の争いを観察したいところだったが、今日は仕方がない。
 先客は、このカブトムシを採集すると、そそくさと立ち去った。カブトムシがいなくなったあとはオオスズメバチが大きな顔をしていた。
20060726blog

|

« コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ | トップページ | ニイニイゼミの羽化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先客:

« コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ | トップページ | ニイニイゼミの羽化 »