« アカタテハ | トップページ | 霧 »

2006年7月23日 (日)

ハマゴウ

 大学時代の友人のM君が来たので海辺に出かけた。我が家から海岸までは数キロしか離れていないのだが、市街地に近いということもあり、これまでは自然散策する場所とは考えていなかった。でも、M君は宮城県の内陸部に住んでいるので、山に出かけるより海の方が良いと思ったのだ。
20060723blog_1  行ってみて初めてわかったのだが、海岸林はほとんどなくなってしまっているものの、海岸の砂浜では、海浜性の植物がいろいろ見られた。現場では名前はわからなかったが、コウボウムギ Carex kobomugi Ohwi、ハマボウフウ Glehnia littoralis Fr . Schmidt ex Miquel などは、けっこうたくさん見られ、調べたらすぐに名前がわかった。ちょっと場所を変えるとハマゴウ Vitex rotundifolia L. fil. も見つかったが、それほど多くはなかった。ハマゴウは石垣島ではたくさん見られたので、懐かしく感じられた。
 小雨が降ったり止んだりしていたが、真夏の海岸を昼間歩くには、晴天よりこんな天気の方が楽で良い。浜に打ち上げられた植物遺体を脇に除けると、オオハサミムシ Labidura riparia (Pallas, 1773)が意外に多く見つかった。畑で見つかるオオハサミムシより明るい色彩の個体が多いような気がした。

|

« アカタテハ | トップページ | 霧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11084646

この記事へのトラックバック一覧です: ハマゴウ :

» 塩屋の海浜植物No.2 [加賀日和]
2週間ほど前にも紹介した、塩屋の海浜植物。 昨日、行ってみたら、ハマゴウの紫色の花(写真上)がチラホラと咲き始めていた。おそらく後1,2週間で海辺沿いに絨毯のようにハマゴウの花が咲き誇る風景を見ることができるのだろう。 下の写真はハマウド。このハマウドも..... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 11時40分

« アカタテハ | トップページ | 霧 »