« 霧 | トップページ | 先客 »

2006年7月25日 (火)

コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ

 石垣島の虫仲間のYさんからコゲチャトゲフチオオウスバカミキリ Macrotoma fisheri obscuribrunnea Hayashi, 1962 が採れたという電子メールが届いた。このカミキリムシが属するトゲフチオオウスバカミキリ族 Macrotomini は大型で東南アジアに分布する種が多く、日本ではこの種だけが石垣島と西表島に分布している。このカミキリムシは日本のカミキリムシとしては最大級の大きさだ。森林の中を昼間探してもなかなか採れるものではないが、夜、灯火を使うと比較的容易に採ることができる。Yさんももちろん灯火を使って採ったのだ。石垣島の多くの昆虫は、真夏になると数が減ってしまうものが多いが、この種は真夏にならないと出てこない。これからしばらくの間が旬だ。
 しかし、こういう話を聞かされるだけというのは、なかなか辛いものだ。石垣島に行きたい。

|

« 霧 | トップページ | 先客 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182871/11107447

この記事へのトラックバック一覧です: コゲチャトゲフチオオウスバカミキリ:

« 霧 | トップページ | 先客 »